長野県茅野市の育児情報誌『ちの ママっぷ』スタッフによるブログ


by chino_mamap
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ママっぷ・ままれぽーと ( 2 ) タグの人気記事

『ちのママっぷ』秋号の内容をUPします。
まずは、「ママっぷ・ままれぽーと」より
ナチュラルケアハウスSincerely藤森朋子さんへのインタビュー記事をお送りします。


【ナチュラルケアハウスSincerely 藤森朋子さん】

■赤ちゃんとママの身体と心に響くベビーマッサージ
茅野市内の自宅で、「産後ママケアとベビーマッサージ」のクラスを開講している藤森朋子さんにインタビューしました。看護師であった朋子さんご自身が、アロマテラピーのオイルマッサージをうけたことで身体がゆるみ、心が変わったという体験をお持ちです。

赤ちゃんもオイルマッサージをうけたら気持ちいいだろうし、子供のためにもママの健康と心の安定につながるケアをしてみたいと、アロマテラピーやベビーマッサージを勉強して、初経~更年期の女性の身体を知りたいと産婦人科に勤務。そして、現在は看護師を辞め、独立し、日々赤ちゃんとママの健康と心の安定のために、また助産師・保健師・看護師有志で「マザーリーフ」の会を作り、諏訪地域の女性たちの心と身体のサポートのために動いてらっしゃいます。

■ベビーマッサージの効用
べビーマッサージというのは赤ちゃんにマッサージしてスキンシップをはかるだけでなく、赤ちゃんに触れることで病気の予防につながることにもなります。たとえば、風邪や皮膚のトラブル予防。マッサージしていると、普段はよく見えてこない身体のいろいろを発見することもできるのです。それが母親としての自信にもつながります。

そして、子供のために一番大切なものはママの健康と心の安定。ママが病気だと、そして心が不安定だと、マッサージされる赤ちゃんの心も不安定になってしまいます。そうならないためにも、朋子さんはママの健康も考え、心にも響く「産後ママケアとベビーマッサージ」のクラスを作りました。

■産後ママケアとベビーマッサージクラスは4回コース
クラスは、こじんまりと少人数制(最大4組)。2週間に1度の4回コースです。1回のクラスは2時間半、午前と午後のクラスがあるので、赤ちゃんのリズムに合わせて選べます。受講料は1回ごとの支払いなので、病気や急用で受講できない場合は、振り替えクラスで受講できます。クラス卒業後は、月1回の卒業生の交流会で復習したり、輪を広げていくことができます。

■クラスのプログラムは盛りだくさん♪
①ママの体操(参加者とペアになったり、バランスボールを使ったり)
②ベビーマッサージ
③アロマテラピー(化粧水、マッサージオイルなどを作成)
④お産のこと、家族のこと、将来の夢のことなどの語り合い
⑤希望箇所を朋子さんがオイルマッサージ(一人約10分)

上記が、「産後ママケアとベビーマッサージ」クラスの内容になります。赤ちゃんの様子を見て、順番が前後することもありますが、体操でリラックスして、気持ちよくベビーマッサージができるので赤ちゃんも安心。

そして、アロマを使った作品を作って感想を言い合います。少し立ち止まって自分の言葉で感想を言うことで、育児に忙しく忘れかけてたものをここで取り戻せるような気持ちになります。ここが朋子さんの狙いでもあるのです。

更に、お茶を飲みながらクラスのみんなと内容の濃いテーマについて語り合え、それをきっかけに深く付き合えるママ友ができるというのも魅力。また、朋子さんの手によるマッサージは、毎回「今日は来てよかった♪」と思わせてくれるほど。以上、2時間半の長時間クラスですが、充実した時間を過ごせます。

■ベビースリングの使い方アドバイス
諏訪地方ではなかなかベビースリングを試せるところがありませんが、シンシアリーでは、A-isso(あいそ)のスリングを取り扱っています。ベビマクラスで使い方を聞くことができ、またアドバイス講座もあり。

■朋子さんからのメッセージ
朋子さんは赤ちゃんはもちろんのこと、日ごろ見過ごされがちなママのことをよくみてくださいます。小さなことでも何か悩みがあれば、相談先として朋子さんのことを思い出してみましょう。朋子さんがきっと力になってくれますよ!最後に朋子さんからのメッセージをどうぞ。

「自分を愛すること、相手を愛すること・・・家族・・・への愛・・・、
それがみんなの愛に繋がっていくことを感じています。
クラスに来てから、だんなさんと仲良しになったり、
ファミリーマッサージをしてくれていたり、
子供のことがとてもわかるようになったり、
自分に自信もてるようになっていくことが、
とてもうれしいです。
母として、妻として、嫁として、娘として、祖母として、
職場の一員として・・・と、
様々な役割を果たす中で、
心も身体もいっぱいいっぱいの、すべての年齢層の女性にとって、
本来の自分になれる・・・・
そんな場所でありたいと想っています。」


ナチュラルケアハウス Sincerely
・産後ママケアとベビーマッサージクラス
 ~ママのトラブル・お悩み予防法と成長に合わせたベビーマッサージ~
・マタニティーライフハッピークラス
 ~妊娠期のマイナートラブル予防法と陣痛時の乗り越え法~
・アロマテラピートリートメント(マッサージ)・クラニオセイクラルセラピー
 ~こころとからだの不調を整えるケア&生活法アドバイス付~
・ベビーマッサージ体験講座、スリングアドバイス講座、その他企画講座多数
・マッサージオイル、スリングなどの販売
※クラス・マッサージの詳細や料金は、直接朋子さんへお問い合わせください。
またHPに講座などの情報が随時UPされていますので、HPもご覧ください。

営業時間:10時~20時(最終受付19時)
定休日:不定休 完全予約制・女性限定
HP:http://plaza.rakuten.co.jp/sincerelyaroma/
e-mail:sincerely_aroma[at]ybb.ne.jp ※[at]を@にしてください。
アロマセラピスト・ベビーマッサージアドバイザー・看護師 藤森朋子
                            (インタビュー・文 はっしー
[PR]
by chino_mamap | 2007-10-25 14:52 | ちの ママっぷ2007秋号
『ちのママっぷ』創刊号の内容をUPします。
まずは、「ママっぷ・ままれぽーと」より
みぶ母乳育児相談室・壬生正子先生へのインタビュー記事をお送りします。


【みぶ母乳育児相談室 壬生正子先生】

今回は、『みぶ母乳育児相談室』を開院された壬生正子先生にお話をお聞きしました。

壬生先生は、諏訪赤十字病院を経て、平出クリニックの開院当時から30年間多くのお産に携わり昨年、同クリニックの分娩の廃止と共に退職し、今春からご自宅で『みぶ母乳育児相談室』を開設されました。また、8年間茅野市の母乳相談も続けておられます。

そんな経験豊富な壬生先生が多くの出産に立ち会う中で、「最初の育児である母乳育児に悩み、つまづく母親をたくさん見てきた。地域に密着し、母親に寄り添う助産院の必要性を感じた。」と開院のきっかけを語ってくれました。

10ヶ月の妊娠期間を終え、待望の赤ちゃんと対面して幸せいっぱいのはずが、なかなか出てくれない母乳に悩み、母乳育児を諦めたお母さんは多いのではないでしょうか。

「母乳育児につまづくと、これから先の子育てが不安になってしまう事もあるようです。周りのアドバイスやたくさんの情報に振り回されてストレスを感じると、母乳は出にくくなり悪循環に陥ってしまう。本来、母乳はどんなおっぱいでもしっかり吸わせていれば徐々に出てくるものなんです。焦ってたくさん飲ませなくても、赤ちゃんはお弁当 (栄養)と水筒(水分)を持って生まれてくるので母乳が出てくるのを待っていられるんです。リラックスして授乳ができたら、母子共にとても良い安定剤になるのです」と話す壬生先生。

赤ちゃんに栄養を与える食事としての役割だけではなく、とても良いスキンシップ、リラックスタイムになれば、授乳の時間はとても楽しみな時間になるのではないでしょうか。

「もともと妊娠は生理的なもの。母体や胎児に問題がなければ、ひとりでも出産できる力を女性は持っています。良いお産は良い子育ての始まりになります。これから出産を迎えるお母さんは、自分の出産を病院任せにせずどんな出産をしたいのかBIRTHプランをしかりたてておくことが大切です。」

壬生先生は、母乳相談の他にも性教育にも力を入れています。市内の中学、高校で数多くの講演をされています。「子供たちは、ありのままの自分をまるごと受け止めてくれる存在を求めています。子供が生まれたときの喜びや、『あなたは大切な存在なんだよ、そのままでいいんだよ』と機会がある毎に、伝えてあげてください。」とお話しされていました。

今回、この取材をする中で、壬生先生の言葉の端々から「無理しないで。そのままでいいんだよ」という、暖かいメッセージが込められているように思いました。子育ては親育ち-。子供が生まれて初めて“親”という存在になるのだから、悩むことや迷うことも沢山あります。しかし、子供の成長を通して自分も本当の“親”に成長していく。私達も親としての成長過程にあるのではないでしょうか。今の自分を受け入れ、少し肩の力を抜いて楽しい子育てをしてみませんか。



みぶ母乳育児相談室
電話番号 0266-79-3245
営業時間 月~土 9:00 ~ 17:00
※要予約
※緊急の場合はご連絡下さい。
休業日 日曜日
[PR]
by chino_mamap | 2007-10-25 13:43 | ちの ママっぷ創刊号